手作り化粧品♪美肌レシピ集
手作り化 粧品♪美肌レシピ集
キッチンにある 材料で簡単にできる
手作り化粧品で美肌をつくる レシピ集。

手作り無添加化粧品‐はじめに‐

いくら高価な基礎化粧品を使ってもなかなか満足できない・・・。

高級化粧品って容器は立派で豪華できれいだけど、安価なものと中身がどう違うんだろう・・・・。

そんな疑問を持ったこと、ありませんか?

そう、これは昔の話ですが、ある化粧品店の美容部員に尋ねてみたことがあります。
「こちらのクリームとこちらのクリーム(同じメーカーのもの)はどんな違いがあるんですか?」と。

まぁ、当然のごとく、
「コチラのクリームはxxxが配合されているので、お肌がしっとりします。
そしてこちらは・・・・」

などという答えが返ってくるものと思っていましたが・・・。

驚くことにその店員は、あっさり
「容器が違うだけ。中味はほとんど同じですよ〜」
なんて言うじゃないですか!

まだ若かったあの頃・・・、かなりショックを受けたことを今でも覚えています。

それでも、基礎化粧品は女性にとって生活必需品です。
いくら若くても、お肌が乾燥したり、しみやしわだって気になります。使わないわけにはいきません。

あれから大分年月がたちますが、今でも私の頭の中では、化粧品なんて容器が違うだけで、
中味は値段ほどの差はないんじゃないか・・・・という考えが今でもよぎっています。

でも、1万円のクリームと1000円のクリームを使うのとでは・・・、
精神面で大きな違いがあるのは確かですね。

やっぱり、1万円のクリームを肌に塗っていれば、それだけでキレイになれる!気がしてしまうものです。
それが、自分の肌に合っていて満足のいくものであれば、問題はないのですが・・・。

私の場合、なかなか納得のいく化粧品には出会えませんでした。
自分の肌に合っていて、しかも経済的で安心して使えるものなんて・・・。

でもあったんですね!
自分で作る無添加手作り化粧品。
そして、これが案外簡単にできるんです。

無添加手作り化粧品は、なんといっても簡単にできることが重要だと思います。
一般に市販されている化粧品は薬事法によって保存料を添加しないと売ることはできません。

手作り化粧品は、自分で作って使うもの。

だから余計なものは加えない⇒防腐剤【無添加】のものですが、
逆に言えば腐敗しやすいという欠点があります。

この欠点を克服するためには、水を使うローションなどは、1〜2週間以内に使い切る必要があります。
つまり、こまめに作り続けなければなりません。
ちょっと面倒ではありますが、だからこそ簡単に作れることが大事なんですね。

さらに、市販のものよりもずっと安くできるという利点があります。

でもなんといっても、保存料や香料、界面活性剤を使わない無添加なので安心して使えるということがよい点ですね。
ただし、天然のものといっても、必ずしもすべての人にトラブルが起こらないわけではありません。
天然のものは、不純物もそのまま含んでいるので、肌にとって安全なものばかりとは限らないからです。
なので、顔につける前に必ず、パッチテストを行いましょう。

手作り化粧品のいいところは、自分に合わないな〜と思ったら、その材料を替えることができることですね。
材料に何を使っているか自分で把握しているから可能なんです。
そして材料をいろいろ替えて作ることによって、自分だけのオリジナルがつくれるんです!

自分の好きな香りのエッセンシャルオイルを使ってオリジナルの化粧品ができるれば・・・・、
毎日のスキンケアも楽しくできますよ♪

ぜひ、あなたに合ったオリジナルの手作り化粧品で美肌のためのスキンケアを楽しみましょう。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。