手作り化粧品♪美肌レシピ集
手作り化 粧品♪美肌レシピ集
キッチンにある 材料で簡単にできる
手作り化粧品で美肌をつくる レシピ集。

手作り化粧品の材料と道具、容器

手作り基礎化粧品を作るのに必要な材料、道具、容器について

●材料

・キャリアオイル(ベースオイル)
・エッセンシャルオイル(精油)

・カオリン:普通肌もしくは脂性肌向き。
      穏やかな収れん作用をもつ細かい粉。

・ビーズワックス(蜜ろう):蜂の巣から採取される固いワックス状の分泌物。

・ラノリン:羊毛より採取される、濃厚で粘着性の皮脂分。
      水分を含まない。肌をやわらかくする作用がある。

・ココアバター:煎ったココア豆から採れるバター状の固形物質。

・精製水:ろ過・蒸留・イオン交換を経て得られた不純物が非常に少ない水。
    肌への浸透性が高い。
    殺菌成分など入っていないので開封したら空気中の窒素が溶け込     み、それを栄養分に微生物や細菌がつきやすいので早めに使うこと。

・無水エタノール:皮膚等を消毒する殺菌消毒薬で、
         水を含まない純粋なアルコール。
         敏感肌には無色無臭のホワイトリカーでも。

・フラワーウォーター:花を浸した水、または芳香蒸留水。


●あると便利な道具

・耐熱性のボウル:
・じょうご:
・コーヒーのフィルターペーパー:
・ビーカー


●容器

・遮光性のガラス瓶:オイル、トニックローション、化粧水を保存。

・遮光性の広口瓶:クリーム、クレンジングスクラブを保存。

・スプレーボトル:ローションや化粧水を顔や体にスプレーする時に便利。

容器は必ず使う前に、熱湯で煮沸して自然乾燥させるか、耐熱温度が低いスプレーボトルの場合は、アルコールで消毒してから使うこと。
スキンケア用品として使うときには、お料理をするとき以上に衛生管理に注意することが必要です。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。